Posted by:admin Posted on:2017年3月25日

既存店と新規のお店で変わります

まず、新規のお店の場合で、あまり主観的に考えずにお店の近くから配っていくのがいいです。それは、近くの方に認識してもらうのが重要だからです。団地やマンションのようにポストが多く配りやすい場所はあまりおすすめできません。次に既存のお店で、近くに配ることはもちろんですが遠くのお客様を開拓していかなければなりませんので、遠くのお客様に配ることが大切です。どこまで顧客が存在するかというデータ収集にもなります。

事前の準備が大切です

頭で考えるだけでなく、地図を広げて計画し、配布漏れのないようにしましょう。よくわかる地域ほど地図を見て計画することが大切ですね。配りやすい場所に集中してしまいます。1人で配るときはもちろんですが、アルバイトに依頼する場合はより注意が必要です。チラシの投函の仕方や場所も丁寧に説明し、具体例をあげてします。たとえば、一軒家を中心に配るなどです。マンションなどは規約が厳しく配布禁止のところもありますので良く調査してからポスティングしましょう。

配るタイミングも大切です

飲食店などのポスティングは、大型連休や休日の前や当日に配布するのが効果的です。求人や教室のチラシは大型連休や休日の前や当日は避けた方がいいです。遊びモードになっているので、反響が薄いです。曜日ごとでも違ってきます。週の初めは購買意欲が下がっています。しかし、週の初めはチラシが少ないので目立つこともあります。曜日を固定しない方が賢明ですね。ポスティングは、あらゆる状況で変わってきますので計画が重要ですね。

ポスティングサービスのメリットは、効率的なマーケティング効果を得られることです。反響率も正確に分析出来るため、業績アップに寄与します。