Posted by:admin Posted on:2017年3月25日

タクシー運転手に必要な免許

タクシー運転手になるためには、二種免許が必要になります。ほとんどのタクシー会社が費用を負担してくれるので、自分自身で難しい手続きをしなくても良いメリットがあります。これから二種免許を取得しようとしている方や、ドライバー初心者でも安心した環境が整っています。

社外研修を受講しなくてはいけない

全国各地のタクシーセンターで地理試験を受けるために学科を受ける必要があります。タクシードライバーはお客様から指示された目的地に着かなくてはいけないので、正確な地理を念頭に置いておかなくてはいけません。

無線講習会にも出席すること

各タクシー会社が所属している無線グループの講習も地理試験と同時に受講しなくてはいけません。会社から指示されたり、会社に報告する時、同じドライバー同士のフォローなどを無線で行うため、大切な講習の一種になってきます。

先輩ドライバーとの新人研修

先輩ドライバーが同乗し、新人ドライバーを育成する新人研修はその道のエキスパートたちが一から丁寧に指導をしてくれます。分からないことや疑問に思ったことは新人研修の時に質問しておきましょう。

まずは健康が一番の基本

タクシー運転手はシフト制になっている会社が多く、お客様の指示された目的地が遠いと1日に数百kmもの移動をしなくてはいけないこともあります。予想以上に大変な仕事なのでタクシー会社に面接に行く日と同日、健康診断をするところもある程です。全ての講習を受け、免許取得後、晴れてタクシードライバーデビューとなります。運転技術だけではなく、お客様とのコミュニケーション能力も必要不可欠になってきます。

役員運転手とは企業の上役の方々を送り迎えするのに用いられる運転手の事です。リムジンのような大きめの車を運転していることが多いです。