Posted by:admin Posted on:2017年2月27日

初期費用が少ない方法を選ぶこと

自営業はリスクが高いのがネックですよね。失敗をしたときに数百万円もの借金が残ってしまうのは避けたいところです。リスクを極力低くする方法はいくつかあるので知っておきましょう。まず、初期費用は少ないに越したことはありません。失敗をしたときには、初期投資の額がそのまま借金になることは珍しくありません。借金にならずともマイナスになることには違いがありませんから、とにかく初期費用は低くすることを考えましょう。ネットビジネスのように店舗も持たないでいい方法なら、リスクは相当に低くなることでしょう。パソコンとネット回線さえあればできるという仕事から始めるのがいいといわれています。今の時代は、ネットしか使えなくても色々と稼ぐ方法はあります。まずはそこから挑戦をしていくのが正しい自営業の始め方になりますね。

在庫を持たなくてもいい方法を考える

在庫を極力持たないでも済むような方法を考えるのも、自営業のリスク低減には役立ちます。たとえば最近はメーカーも受注生産でリスク低減と価格の低下を狙っています。自営業も同じことです。無駄に在庫を抱えてしまうと、保管料も支払わなければならず、それが料金に転嫁されてしまいます。価格が上がって競争力が落ちて、他の人に負けてしまうという悪循環が発生します。在庫は足を引っ張るものだという意識を持つことが重要ですね。ネットビジネスなら、何かを売るとしてもデータで売れますから、余分な在庫が発生することもなくて便利ですね。

フランチャイズとは、ビジネスの契約形態のひとつで、商標やノウハウを提供するフランチャイザーと、ロイヤリティという対価を払って商標やノウハウを使って小売業やサービス業を行うフランチャイジーが存在します。