Posted by:admin Posted on:2017年2月26日

セキュリティを強固にしてメールアドレスの流出を防ぐ

会員制のウェブサイトを運営しようという場合、どういったことに気をつければいいでしょうか。まず、最初に意識しなければならないのはセキュリティです。というのは、基本的に会員制サイトではユーザーのメールアドレスを預かることになるからです。セキュリティに難があるプログラムを利用してサイトを作った場合、メールアドレスが流出してしまう可能性が出てきます。当然、問題になりますし、営利目的の会員制サイトであれば補償問題に発展することもあり得ます。

なので、既存のCMSを用いてサイトを作るのであれば、開発が活発で脆弱性が発見された場合はすぐにアップデートプログラムが配布される物を選ぶようにしましょう。

サイトの利用規約をきちんと作っておく

次に集客です。会員制サイトを作ったのにもかかわらず、会員になる人がほとんどいないと、サイトの運営を続ける意味がありません。集客のために必要なのは宣伝とコンテンツです。どちらかが欠けても駄目です。いいコンテンツを作ったとしても、誰も知らなければ当然、ユーザーは増えませんし、宣伝を活発にしてもコンテンツが貧弱であればリピーターになる人がおらず、アクセス数はじり貧になってしまいます。

また、ユーザー同士が意見を交換できる掲示板を設けるのであれば、書き込みのルールを必ず決めましょう。というのは、ユーザーが増えれば増えるほど、会員同士のトラブルが起きる可能性が高くなるからです。きちんとしたルールを作っておけば、誹謗中傷のコメントを削除する場合でも、ルールに基づいて削除するとしっかりいえるので、場が荒れることを防ぐことができます。

多言語サイトは日本語の他に英語や中国語などの言語に対応したサイトであり、海外の顧客を獲得するチャンスにもなります。