Posted by:admin Posted on:2017年2月26日

顧客に対して会社単位で対応可能

商品やサービスを顧客に提供するとき、窓口が一本化されていれば問題は少なくなります。情報が入っていくのも出ていくのもその窓口が使われるからです。しかし、複数の窓口があると、入ってくる情報も出ていく情報もバラバラになってしまうかもしれません。会社が大きかったり担当部署が分かれていると、一つの部署のみが顧客と関わっているわけではない場合があります。営業部以外に、サポート部や保守部などが関わっていると、それぞれで情報をもてしまいます。統合顧客管理では、一つの顧客の情報を集める仕組みです。それぞれで情報などが集められても、システムを介すると他の部署の情報もわかります。どんな商品を購入していてどんな問い合わせや保守依頼をしているかなどがそれぞれの部署で把握できます。

見た目で異なる顧客の統合管理

顧客に商品を販売する場合、担当者が一人の場合もあれば複数人いる場合もあります。最初に名刺などを渡されればその時に一度に登録をします。別の機会に同じ会社と取引ををするとき、以前登録していない人が紹介される場合がります。すると、同じ顧客が登録されていながら、二重で登録する場合があります。わからなくて行う場合もあれば、あえて分けて行う場合もあります。一つの会社で部署が異なる場合には分けた方が良いかもしれません。統合顧客管理では、見た目上で異なる顧客同士でも、一つの会社として管理が可能です。一つの会社の複数の部署と取引していても、それぞれの情報がわかれば提案しやすくなります。わからなくて分けているときには、一つにすれば管理がしやすくなります。

統合顧客管理とは顧客満足度と顧客ロイヤリティの向上を通して売り上げの拡大と収益性の向上を目指す経営戦略、手法の事です。