Posted by:admin Posted on:2017年2月26日

電気製品は自作できるの?

電気製品は、電気部品に関する知識が必要になるのですが、電気部品の知識はインターネットを活用すると、様々な情報を手に入れることができます。また、身近にある電気製品を分解してみるだけでも、様々な情報を、得ることができます。デジタル回線の電気製品が主流となっていることもあり、デジタル回線に関する知識を深めておくと良いです。マイコンなどの動きについても勉強しておけば、完璧な知識となり困ることなく自作できるでしょう。

なぜ電気製品を自作すると良い?

電気屋へ行けば何でも手に入る時代なのに、なぜわざわざ自作する必要があるのでしょうか。なぜなら自作といっても、電気製品はプリント基板というものに、部品を半田付けをしていくだけで、意外と簡単に制作できるのです。一度制作すると楽しくなる傾向があり、マニアも多くいます。基本的な知識と半田、半田ごてと部品さえ揃っていれば誰でも始められます。また、電気製品を自作できると、手持ちの電気製品が故障してしまった際に、自分で原因を突き止めて直すことができます。

どうやって部品を手に入れられる?

電気製品に使用する部品は、秋葉原にある専門的な店に出向かなければ手に入れることができない時期もありました。しかしホームセンターなどで簡単に手に入れることができるようになっています。また、インターネットの通販販売などでも手に入れることが可能です。リサイクルショップに行くのも良いでしょう。リサイクルショップには電気製品のジャンク品というものがあり、多数の電気製品が格安で売られているため、購入して分解すると部品が手に入れられます。

プリント基板実装の際は、初期不良が生じないよう十分配慮する必要があります。過電圧テストやインサーキット検査などを行い、トラブルの芽を事前に摘んでおくことが大切です。